物語形式の文章を書くという趣味について

私は物語を書くことを趣味にしています。

私が書いた稚拙な文章を、物語と呼んでよいものなのかどうかは疑問ですが、とても楽しめる趣味です。

一つの表現を、ああでもない、こうでもないと考えている時や、キャラクター同士の掛け合いを書いている時はとても楽しいです。

時折、その楽しさが暴走して、キャラクターが勝手に動いているような感覚になり、

当初の想定よりも、掛け合いが長引いたりすることもあります。

実際に、主人公を置き去りに、サブキャラクター達が延々と茶番劇を繰り広げてしまった失敗もありました。

そういう時は、一度冷静になって自分の文章を読み返し、要らない所を削ぎ落したり、要るモノを付け足したり、という作業をします。

この作業は時間もかかりますし、取り掛かるまでやる気が出ないこともままありますが、一度始めてしまえばこちらのもの。

時間が経つのを忘れられます。

当然ながら、いつも思い通りの文章が書ける訳ではありません。

言葉に出来ない表現に悩み、歯がゆい思いをしたり、確かに思いついたはずの文章や展開を忘れてしまって、

悲しい思いをしたり、そんなことはよくあります。

自分よりも上手い人なんて大量にいます。

自分と同じような世界観の文章を書いていて、自分よりも遥かに上手く纏めている人も、同じように大量にいます。

でも、私は文章を書くことが好きなので、これからもちまちまと書き続けていこうと思っています。

物語形式の文章を書くという趣味について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です